NLPすこやかコーチング
ヘルスアップモデル事業
すこやかコーチング
プロフィール
市民コーチの活躍
コーチ養成講座
NLP
参加者の声
アクセス
お問い合わせ


すこやかコーチングイメージ
ヘルスアップモデル事業


国保ヘルスアップ・モデル事業は、生活習慣の改善のために、 厚生労働省の指導のもと、

高血圧症、糖尿病、肥満等の生活習慣病予備軍(要指導域にある方)に対する
個別健康支援プログラムを開発・実施し、それらのモデルプランの分析・評価を行う目的で、 平成14年から始まりました。

平成20年からの特定保健指導を踏まえてのモデル事業です。

ここで私たちは、平成16年から3年間 コーチングで、メンタルのサポートを行いました。

モデル事業とは、全国の市町村に効果的で継続可能、ユニークなプランを開発し、実証するのが目的です。

この事業は、参加者の生活習慣の改善、向上、目標とする健康度の変化、 プログラム自体の効果や、分析・評価が行われました。

対象者は、30歳〜74歳の国保被保険者で、高血圧症、高脂血症、糖尿病、肥満等、
いずれかが要指導域にある方、あるいはこれらの症病に日頃から健康不安を
お持ちの方が 対象です。

メタボリック・シンドロームの改善にも効果的な取り組みです。

運動・栄養・メンタルサポートをそれぞれのペースで行いながら、
3年間の結果は、肥満の解消、運動習慣の獲得、
体力の増強、血圧、血糖値、コレステロール値の適正化など
好ましい変化が多数見られました。                        



そして、コーチングによるメンタルサポート
特定保健指導に効果的だと判断されました。

目標設定、合意形成、ゴールまでのプロセス、
承認と再目標設定、それらを繰り返し、行動変容を促すことができたのです。

その結果は、2007年11月 東京大学で行われた第2回生活習慣病認知行動療法研究会で報告しました。

   平成19年4月 厚生労働省 健康局 より発表された、
   標準的な健診・保健指導プログラムに

     保健指導実施者が有すべき資質として、 
相談・支援技術の項で、

     行動療法・コーチングの手法 という項目が掲載されています。

     http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/seikatsu/pdf./02.pdf  15ページ 参照

すこやかコーチングイメージ
Copyright 2007 Office VIVA! All Rights Reserved.